コンポのHDDを換装してみる

シェアする

 こんにちは、玄川静夢です。

 最近母親から「実家で使用しているコンポの調子がおかしい」と言われていたので、様子を見てみることにしました。

 SONYのNAS-M70HD。確か2006年製だったと思うので、約11年経っていることになります。中学生の頃に中古ショップで売られていたところを、私と姉とで割り勘で購入したものです。

 当時は小さなCDプレイヤーしか所持していなかったので、色んな曲をすぐに再生できるHDDタイプのコンポに憧れていました。お金をためて、一人あたり8000円位出して購入しました。

 最初にイヤホンを挿してビートルズを聴いた時の感動は今でも忘れません。

 どうやら再生の際におおきな音飛び(1秒以上)が発生したり、データの編集後に再生ボタンを押すとフリーズしたりするそうです。まず間違いなくHDDに問題があるだろうということで、様々なサイトを参考にしながら分解、HDDの取り出しを行いました。残念ながら分解した際の写真はありません。なぜ撮影しなかったのか……。

 HDDの規格が現在よりも古いIDE接続だったので、Amazonで該当するHDDを購入。コンポの元々の容量が約80GBだったのに対し、購入したのは320GB。そのままクローンで移動させても良いのですが、折角なので容量も拡大することにしました。

 データはLinux規格。Windowsだとパーティションの編集ができなさそうなのでGparted liveをCD-ROMに焼き、Linuxでパーティションを編集。簡単に書いていますが、これをやるのに丸一日かかりました。

 HDD換装後の容量がこちら。元の約3.5倍になっています。

 その後一度システムを初期化し、音楽ファイルをUSB接続でコンポに取り込んでいくのですが……。

 取り込み作業開始から12時間後。

 約370枚分のCD、曲数にして約6000曲以上を一気に移動させているのでやたら長い。IDE規格なのもあってとんでもない時間がかかっています。

 最終的に28時間かかりました。バカじゃないかと(笑)。

 動作確認も終わり、ようやく終わった……と思って電源を切ってみると、電源が落ちずに青いランプが点灯。

 このコンポはSONYの独自機能「おまかせチャンネル」の音声解析を、電源を切っている際にやってくれるみたいです。今回曲を全て入れ直しているので、解析も全て一からやっています。約6000曲以上を一気に。

 すべての解析が終了し、青いランプが消灯するまで約3日かかりました。72時間です。

 最初の分解から数えても、修理に1週間かかった計算になります。……次おかしくなっても二度と修理はしません(笑)。

 そんなわけで、中学生からの思い出のコンポは無事正常に戻り、容量も大きくなって実家に戻っていきましたとさ。めでたしめでたし。