飛行機

シェアする

作詞/らでぃ猫 作曲/kumoia


リズムに合わせて弾む その瞳に
見慣れた街並み超えて あの橋へ

寂しい夜の 風に吹かれ 泣いてたけれど
今は側にいるから 繋いだ手 かざして

旅立ちの朝に 飛行機に端書き添えて
白く揺れるこの光 空にほら飛ばして
笑って歩いて

小さく震える度に 思い出す
夜明けの向こうに放つ 君の道

降り注ぐ雨と 雷にまた打たれても
白い夢とこの脚で 雲に虹伸ばして
大きく突き抜け
旅の途中 飛行機に端書き添えて
白く揺れるこの光 空にほら飛ばして
笑って歩いて

空の長い橋へ 大きく飛んで行け また出会えるように


飛行機(piapro)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする