しあわせミルクティ

シェアする

作詞/らでぃ猫 作曲/Cheke


森が太陽に 恋する季節
白いベランダに 二人座って
朝のニュース欄 読んでるけれども
ページをめくれば 悲しみがある

今僕たちには 何ができるだろう?
紅い思いやりの涙に ほら 命をそそいで

ミルクティーひとつ しあわせの香り
かきまぜて君と 友達になろう
沢山の声と やわらかな愛で
届けよう ほんの小さな やさしさを込めて

今日はスプーンが 痩せたみたいだね
好きなお砂糖も ちょっとひかえめ
日々の贅沢を 少し減らしたら
きっと誰かが 笑顔になるよ

ただ待つことしか 僕はできないけれど
赤いこころざしが繋がるように ここから祈るよ

ミルクティーひとつ 甘い口当たり
ほころんだ気持ち おすそ分けしよう
沢山の夢が 生まれるといいな
伝えよう 僕の確かな やさしさを込めて

ミルクティーひとつ しあわせの香り
かきまぜて君と 友達になろう
沢山の声と やわらかな愛で
届けよう ほんの小さな やさしさを込めて


スポンサーリンク

シェアする

フォローする