カメムシのうた

シェアする


そよぐ風の心地よい
うららかな午後でした
みどりの葉が舞うように
カメムシが死にました

よそ見をして気づかずに
おもいきりふんづけて
床と靴にはさまれた
カメムシは死にました

鼻についたそのにおい
嗅ぐほどにえげつない
なにも道のまんなかを
這うこともなかろうに

どんな鳥も食えまいと
かたくなに守ってる
殻の中身ぶちまけて
カメムシは死にました

知らん顔で歩いてる
カメムシをふむように
生きることの歯がゆさを
おもいきりふんづけて

大事なものなくしては
悲しんでいませんか
つもりつもる思いさえ
潰してませんか

そよぐ風の心地よい
うららかな午後でした
みどりの葉が舞うように
なんとなしにしらずしらず
カメムシは死にました


歌詞置き場
歌詞置き場
コンペでの落選作品・もしくは詞先の練習で制作したものの一部です。 歌詞の利用連絡・加筆修正・その他ご質問はお問い合わせ......
スポンサーリンク

シェアする

フォローする