カメムシのうた

シェアする


そよぐ風の心地よい
うららかな午後でした
みどりの葉が舞うように
カメムシが死にました

よそ見をして気づかずに
おもいきりふんづけて
床と靴にはさまれた
カメムシは死にました

鼻についたそのにおい
嗅ぐほどにえげつない
なにも道のまんなかを
這うこともなかろうに

どんな鳥も食えまいと
かたくなに守ってる
殻の中身ぶちまけて
カメムシは死にました

知らん顔で歩いてる
カメムシをふむように
生きることの歯がゆさを
おもいきりふんづけて

大事なものなくしては
悲しんでいませんか
つもりつもる思いさえ
潰してませんか

そよぐ風の心地よい
うららかな午後でした
みどりの葉が舞うように
なんとなしにしらずしらず
カメムシは死にました


唄のぬけがら
唄のぬけがら
玄川静夢の詞作品集。 私自身が残してきた、言葉の足跡。唄になれなかったぬけがら達。 各項目ごとにソート、検索での......