WILL

シェアする


ぼんやりとまぶたに あの魔がさす
ごめん やっぱり今日も眠れないや
ゆっくりと世界が 目を閉じていく
時間はどうして こうもワガママなんだろう

一人が怖かったり イライラしてたり
誰かを責めずにはいられなくて

傷つける虚しさから
何を手にしたんだろう

いつか僕にも 笑いあえる日がくる
薄明かり 朝を待つあの空のように

明日を盗むなんて きっとできない
どんなに欲しがっても
だからいるんだ 今を生きるんだ
ここにはないものを知るために

いつか誰にでも 離れていく日がくる
形あるすべてが消えていくように

だけど僕にも 笑いあえる日がくる
薄明かり 朝を待つあの空のように

光と影 くり返すあの空のように

ぼんやりとまぶたの裏 君のこと思いだす
ごめん やっぱり今日も眠れないんだ


歌詞置き場
歌詞置き場
コンペでの落選作品・もしくは詞先の練習で制作したものの一部です。 歌詞の利用連絡・加筆修正・その他ご質問はお問い合わせ......
スポンサーリンク

シェアする

フォローする