風のなる樹

シェアする


近所の森の奥の奥の、
道の通りのはしっこに、その樹はある。

久方ぶりにやってきた。

陽の光が雲間から差すように葉を広げ、
己が己であることを思い出したかのように呼吸をし、
最初からそれが当たり前であるかのように根を伸ばす。

樹は実をつけることはないが、
いくらでも花を咲かせることができる。

その樹の前では、
私のことばは羽となる。
薄く、軽く、
ペラペラと音をたてながら、どこかに飛んでいってしまう。

重石を持ってくるべきだっただろうか。

いや、違う。

私はずれているのだ。
大きな枠からはみだして、その上で遊んでいるのだ。

重石とは虚構なのではないか。

樹に風がなるように、
海が空を見上げるように、
太陽が時間を運んでくるように。

ことばとは飛ぶものなのだ。
そうして遠くで浮かんでいるものなのだ。

次の風がやってきてしまう前に、
あたらしい詩を用意しておこう。