蒼月-静寂の丘で-

シェアする

作詞/らでぃ猫 作曲/GiNnNo


息を切らす感覚が 揺れる合間に すっかり日は落ちて
辺りを染める静けさに 一人むせびを 堪えて泣いた

言葉さえも 交わさずに
丸い笑顔は 死んでいった

もしも願いが 叶うとするなら
今すぐ時を止め
笑うあなたに 会わせて欲しい
冷ややかな蒼月

浮かび上がる草木達 長く伸ばした 黒い影を包み
惨めに生える虚しさが 一人零した 水面(みなも)に映る

過ぎた日々は 戻らない
頬に流れる 雫のよう

もしも私が 背中を追いかけ
その手を掴んでも
きっとあなたは 悲しむでしょう
夜のない小陰で

進むより他にない 目の前に差し出された道を

もしも願いが 叶うとするなら
今すぐ時を止め
消えたあなたに 会わせて欲しい
冷ややかな蒼月
冷ややかな蒼月


スポンサーリンク

シェアする

フォローする