まどろみ

シェアする

作詞/らでぃ猫 作曲/かむばら


風の流れる街を 一人 公園で過ごしていた

ここに広がる道は どんな場所へと続いてくの?
どれを選ぶとしても 皆それぞれの生き方で

ありのままを受け入れたら どんな壁も越えていけるよ
やすらぐ音響き渡る 春の空に雲が浮かんだ 午後のまどろみ

風の冷たい夜を 一人 抱えては泣いていたね

もしも疲れた時は 少し止まって休めばいい
後ろ振り向いてみて それが君だけの人生さ

知らないまま通り抜ける 人の波に途惑いながら
歩いてきた僕らは今 この時間を生きているから 青いまどろみ


スポンサーリンク

シェアする

フォローする