昼下がりカフェテリー

シェアする

待ち合わせカフェテリー
頬杖ついて ぼんやりよそ見をしてる
窓ガラスの向こう
昨日のあなたがそこにいるようで

へたな関係とか
細かいとこを どうして頼るのだろう
何気ない言葉が
含んだ氷みたいにしみてくる

同じ場所でこの時間
YESと頷いたの
もしも目をそらしてたら
NOと言えたのに

昼下がりカフェテリー
あなた彼女の つれない話をしてる
意地を張るよりもう
素直に別れてしまえばいいのに

そう 昔は冷たく
NOな態度ばかり
もしもなるべく早めに
YESが言えたなら

そう ちょうど今頃に
YESと頷いたの
もしも今日が昨日なら
NOと言えたのに